Dr. ウォレス・C・アボットの白黒写真 。 短い黒髪と豊かな口髭のDr.アボット。メガネ、白いシャツ、ベスト、ネクタイ着用。

1世紀を超えて生命を育み続ける

notch-right

1888年。医師で薬局を営むDr. ウォレス・C・アボットは、患者とその主治医により効果的な治療法を提供したいという願いのもと、適正かつ科学的に配合された医薬品を作り始めました。

Dr. アボットの卓越したリーダーシップにより、当社は製薬科学の草分けとして事業を拡大。世界中で高まる健康に関するニーズに対応すべく、医学研究の新たな分野への挑戦に乗り出しました。 科学的にも、世界中へ事業を広げるという地理的な意味でも、新たな挑戦を継続することで、世界中のより多くの人々の更なる健康増進に寄与してきました。アボットの伝統はこうして築かれてきたのです。

人々の可能性を育んできた歴史
Dr. アボットの起業家精神、イノベーションへの挑戦、ライフケアの精神は、私たちの企業文化、事業、医療科学への貢献しようとする姿勢に息づいています。 アボットが長年にわたって追究してきた卓越したパフォーマンスの歴史的瞬間を以下にご紹介します。 アボットの豊かな歴史をもっとご覧になりたい方は、無料の電子書籍『プロミス・フォー・ライフ: アボットの歩み』をダウンロードして下さい。

  • 1888年
    当時30歳の開業医Dr. ウォレス・C・アボットは、自らが営むシカゴのPeople's Drug Store(ピープルズドラッグストア)の裏で、 アルカロイド系の 顆粒薬の生産に着手。 治療薬は植物とハーブの有効成分を配合。 初年度の売上合計、2,000ドルに到達。
  • 1894年
    Abbott Alkaloidal Company設立。 アボットは、医療系出版会社としてだけでなく、衣料品の製造業者としても成長。
  • 1907年
    米国外では初となるオフィスをロンドン(イギリス)に設立。
  • 1916年
    アボット初の合成薬、クロラゼン(第一次世界大戦時に英国人化学者のヘンリー・デイキン博士によって負傷兵士の治療目的で開発された画期的な防腐剤)を生産。
  • 1922年
    科学者であるアーネスト・ヴォルワイラー博士とロジャー・アダムス博士が、当社の数々の画期的な麻酔薬の第一号であるブチンを開発。
  • 1929年
    大恐慌が始まった株価暴落の年に新規株式公開。 タイミングに対する懸念とは裏腹にアボットの株価は初日から上昇。今日では約1万倍となる。
  • 1932年
    ビタミンや静注液などの新規分野でリードしていたおかげで、大恐慌の最中においても成長を続ける。 「ここ数年で、アボットラボラトリーズのように堅実に業績を伸ばしている企業は、国内の業界上位の会社でもほとんどない」 と『Nation's Commerce』誌に取りあげられる。
  • 1935年
    長く世界をリードすることとなる麻酔薬「ペントタール ™」を発売。この功績が認めれた発明者のヴォルワイラー博士とドナリー・タバーン博士は後に全米発明家殿堂入りを果たす。
  • 1942年
    戦時に使用するペニシリンの生産拡大のため、米国政府の要請により医薬品メーカーの共同事業体に参加する。 これにより、生産量は20,0000%以上増加。
  • 1959年
    アボットのロゴとして、 「A」 を採用。このクラシックなデザインは、現在に至るまで当社のビジュアル・アイデンティティの礎となっている。
  • 1960年
    1960年代にジョージ・カイン社長(当時)が行った組織改革が、2001年のベストセラー『Good to Great: Why Some Companies Make the Leap... and Others Don't.』の中で取り上げられる。 著者ジム・コリンズ氏が1,435社の企業の中から、質の高い製品・サービス・組織・人材と優れたパフォーマンスを誇る11社を選出。アボットはその内の一社となる。
  • 1964年
    人気の高い乳児用ミルク、シミラックのメーカーであるM&R Dieteticを買収し、栄養剤の分野でリーディングカンパニーとなる。
  • 1972年
    ABA-100血液化学分析装置とともに、画期的な新製品「オースリア®」(放射性免疫測定法による血清中の肝炎診断薬)を発売。 これを足掛かりに、アボットは診断薬・機器事業における世界的トップ企業に成長。
  • 1985年
    血液供給の安全性確保のため、血液中のHIVウイルスを特定する世界初の検査試薬販売承認を米国食品医薬品局(FDA)より取得する。 これはアボットの業績の中でも特筆すべきひとつであり、それまでは阻止できない脅威とされてきたものに対する医学上の大勝利と言える。
  • 1998年
    グルセルナ®(糖尿病患者や食事制限者向けに特別配合されたシリアル、ヘルシーシェイク、スナックバー)を発売。
  • 2002年
    初のヒト型抗ヒトTNAαモノクローナル抗体「ヒュミラ®」の承認を米国食品医薬品局(FDA)より取得。 同製品はその後、世界をリードする医薬品となる。
  • 2006年
    薬剤溶出ステントXIENCE V®が発売される。 後に、市場最大のシェアを誇る製品となる。
  • 2010年
    世界で2番目に大きな市場であるインドで、 最大の医薬品会社となる。引き続き組織のグローバル化を推進。
  • 2013年
    新しい時代の幕開けの年。150カ国以上の拠点に約69,000人の社員を配するアボットは、以前にも増してグローバルな顧客重視の企業をめざす。 フォーチュン誌の「世界で最も称賛される企業ベスト50」にランキングされる新企業アッヴィ(アボットのPPD医薬品事業から独立)を設立。

 

可能性にあふれる未来
「世界中の人々が生涯を通じてベストの健康状態を維持できるようサポートする」というアボット本来の目標に注力することで、125年間にわたって、ますます複雑になるヘルスケア環境に適応してきました。 私たちは今後もこの目標を追求していきます。

  • シェア シェア
  • 印刷 印刷
  • ダウンロード ダウンロード
Click To Learn More About Abbott's Promise For Life
true
accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。


またアクセスしようとしているウェブサイトが、お客さまのスクリーンサイズ向けに最適化されていない場合もあります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

アボットグループのウェブサイトを離れ、第三者のウェブサイトに移行しようとしています。

アボットの世界各国のウェブサイトから移行した先のリンクは、アボットの管理下にはなく、アボットはそのようなサイトのコンテンツや、サイトに含まれるリンクについて、いかなる責任を負うものではありません。 アボットがこれらのリンクを提供しているのは、お客さまの便宜を図るためであり、アボットがリンク先サイトを承認していることを示唆するものではありません。


またアクセスしようとしているウェブサイトが、お客さまのスクリーンサイズ向けに最適化されていない場合もあります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?