アボット、コンタクトフォースを搭載し、スリット構造がしなる先端電極を採用した初のアブレーションカテーテル「TactiFlex™ SE 」を世界に先駆け日本で発売

  • TactiFlex™ SE イリゲーションカテーテルは、アブレーションカテーテルとして初めてとなるコンタクトフォース技術を搭載したスリット構造の先端電極を採用しました。これにより、患者さんごとに違う心臓壁の形状に合わせてカテーテル先端が柔軟に変形し、安定したアブレーション治療を実現します。
  • アボットは、最新の技術を集約したTactiFlex™ SE イリゲーションカテーテルを、世界に先駆けて日本に導入することで、日本の患者さんおよび不整脈治療の発展に貢献していきます。

 


2022年8月1日―アボットメディカルジャパン合同会社(本社: 東京都港区、代表執行役員社長 ブライアン・モットーラ)は、心房細動を中心とした不整脈に対する高周波アブレーション治療(以下、RF)で使用される「TactiFlex™ SE イリゲーションカテーテル」(製品名、以下TactiFlex SE)を本日より発売することをお知らせします。本製品は2021年12月に製造販売承認を取得しています。

Tactiflex img
AngledTip-Half-img

TactiFlex™ SE イリゲーションカテーテル(左)と先端電極のスリット構造(右)

RFは、肺静脈の形状に左右されず、複雑な症例であっても個々の状態に合わせて焼灼を行うことができ、アブレーション治療全体の7割以上を占めています1。RFでは、焼灼時の数ミリのズレが再発に繋がってしまいますが、これまでのアブレーションカテーテルの先端電極は、心房内膜の表面で滑りやすく、焼灼部位に固定できる形状が求められていました。また、冷却時のイリゲーションポートが、心臓壁に塞がれてしまう事象などが報告されており、先端電極の改良が期待されていました。

RF用のアブレーションカテーテルであるTactiFlex SEは、スリット構造の先端電極を採用することで接触抵抗を高め、心臓壁の形状に合わせ先端が柔軟に変形することで、通電箇所にしっかりと固定されます。冷却時も先端にある4つのイリゲーションポートに加え、スリット全面よりイリゲーションが流出し効率的な冷却を可能にします。また、心臓のモデルを描く3Dマッピングシステム「EnSite™X」上で、ContactForce Arrowと呼ばれる矢印により先端電極の接触方向が視覚化され、先端電極の動きを確認することができます。これらの特徴により、医師の効率的なアブレーション治療を支援し、治療時間の短縮、及び放射線量の減少など患者さんの身体への負担を軽減させます2

東京医科歯科大学病院 病院教授・不整脈センター長の合屋 雅彦 医師は、次のように述べています。「TactiFlex SEは、スリット構造の先端電極により、焼灼面に対して効果的なイリゲーションフローを提供します。また、イリゲーション流量を減らし、患者さんへの負担を軽減させることができます。スチームポップや血栓予防といった点からも、スリット構造とコンタクトフォースの技術の相乗効果で、より安全かつ効率的な治療ができることを期待しています。」

アブレーション治療について
心房細動の治療は、主に症状を抑えることを目的とした薬物治療と、根治できる可能性もあるアブレーション治療があります。治療は、カテーテルアブレーションと、バルーンアブレーションに分けられ、カテーテルアブレーションは、高周波で心臓の形状に合わせ点状に加熱し焼灼します。バルーンアブレーションは、加熱と冷却の方法があり、風船が膨らみ触れた箇所を一気に焼灼します。
心房細動について(動画リンク)
AFib Resources | Abbott (afanswers.com)

アボットのアブレーション治療の包括的なラインナップについて
アボットは、医師が多様な心疾患および不整脈の診断、治療、管理を行うための電気生理学的なあらゆるソリューションを提供しています。不整脈用のカテーテル、アブレーション治療製品、リアルタイムに正確な心臓のモデルを描く3Dマッピングと、不整脈患者さんのケアには、多面的な技術が求められます。アボットは、不整脈の診断、治療および管理に必要な製品について幅広いラインナップを提供し、汎用性と治療の効果について妥協することなく革新的な開発を進めています。

アボットについて
アボットは、人々が人生のあらゆるステージにおいて最高の人生を送ることができるようサポートするグローバルヘルスケアリーダーです。業界をリードする診断薬・機器、医療機器、栄養剤、およびブランド ジェネリック医薬品分野の事業および製品を含め、人々の生活に大きな影響をもたらす画期的なアボットの技術は、ヘルスケアの広範な領域にわたっています。現在、世界160カ国以上で、約113,000人の社員が活動しています。

アボット(www.abbott.com )、アボットジャパン(www.abbott.co.jp )、アボットメディカルジャパン(https://www.cardiovascular.abbott/jp/ja/home.html )、リンクトイン(www.linkedin.com/company/abbott-/ )、フェイスブック(www.facebook.com/Abbott )、ツイッター(@AbbottNews)も合わせてご参照ください。

 


  1. J Arrhythm. 2021 Oct 7;37(6):1443-1447. doi: 10.1002/joa3.12640. eCollection 2021
  2. Nair D et al. Acute Results of a novel flexible tip radiofrequency catheter incorporating contact force sensing. EHRA Congresses 2022, poster presentation
true
accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。


またアクセスしようとしているウェブサイトが、お客さまのスクリーンサイズ向けに最適化されていない場合もあります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

アボットグループのウェブサイトを離れ、第三者のウェブサイトに移行しようとしています。

アボットの世界各国のウェブサイトから移行した先のリンクは、アボットの管理下にはなく、アボットはそのようなサイトのコンテンツや、サイトに含まれるリンクについて、いかなる責任を負うものではありません。 アボットがこれらのリンクを提供しているのは、お客さまの便宜を図るためであり、アボットがリンク先サイトを承認していることを示唆するものではありません。


またアクセスしようとしているウェブサイトが、お客さまのスクリーンサイズ向けに最適化されていない場合もあります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?